/
logo

ほうれんぼうの森キャンプ場


最新のお知らせ

台風や豪雨などの予報が事前に発表され自然災害の発生が懸念される場合、ご宿泊当日でもキャンプ場のご利用やご宿泊をお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

『なっぷ』サイトにて予約受付しています。お電話でのご予約受付も承っておりますが、スタッフが作業中の場合には予約を完了させるまでお待たせしてしまう可能性がございます。
インターネットをご覧いただける環境のお客様は、なっぷのサイトからご予約いただきますことをお願いいたします。
なっぷのサイトのご予約状況が一番優先され最新の状況となります。

なお、当ホームページ問い合わせフォームはご予約用のフォームではなく、お問合せの専用フォームとなっておりますのでご予約について送信いただいても予約を完了することはできません。予めご了承ください。

今年度より、料金・キャンセル料金の改定をさせていただいております。詳しくは料金ページをご覧ください。

ほうれんぼうの森キャンプ場

秩父多摩甲斐国立公園内 東部森林公園

ほうれんぼうの森へようこそ!

「ほうれん坊の森キャンプ場」は、施設の真ん中を多摩川の源流の一つ「小菅川」が流れており、受付カフェ「ほうれん坊」とキャンプ場エリアを吊り橋がつないでいます。森林と清流が一体となったキャンプ場で川と山の外遊びをお楽しみいただけます。

ご宿泊はバンガロー・キャビン・オートサイト・テントサイトから選べ、石窯や五右衛門風呂など、アウトドアならではの体験をご用意しています。キャンプビギナーの方も、各種レンタル用品が充実していますのでご安心ください。

森林の中にある「空気」「山の気」「景観」「香り」のようなものを感じていただくこと、森の声を聞きながらゆっくりお眠りいただくことを大切にしています。

ご家族連れや大人のグループにぴったりの小さなキャンプ場です。森に親しむ心で、自分流の時間を心ゆくまで満喫ください。

森に親しむ心

親林主義と言う言葉があるか無いか知りませんが「森に親しむ」をテーマにこのキャンプ場を整備しています。
少し不便でも可能な限り自然由来の物を使うように心がけています。

ほうれん坊の森キャンプ場(東部森林公園)が所在する小菅村は、都心から7・80キロの東京都と山梨県の境の所にあり、奥多摩湖に接しています。
標高はスカイツリーとほぼ同じ600m以上ですから、夏は涼しく、特に夜はクーラーを必要としません。

このような環境で思う存分、心を解き放って、都会生活で不足しているものを吸収してお帰りいただきたいと願っています。

皆様がお帰りになる際、晴れ晴れとしたお顔に変化しているのを拝見すると、私たちも嬉しくなります。

最新ニュース & トピックス

Latest news

こんな魚も釣れちゃいます

こんにちは、スタッフのすぎもとです ほうれんぼうの森の売りの一つである「小菅川」 ここでは川遊びの他に、釣りもできます 以下の料金で遊漁券を購入していただければ釣りができます 一日券・大人1000円・女性・中学生500円

2018/5/6(日)馬ふれあい体験のお知らせ

「馬ふれあい体験」プログラムを開催します。 ゴールデンウィークの日曜日、小菅村に遊びに来たら、是非寄ってみてくださいね。 馬の「夢ちゃん」とヤギの「楓くん」と一緒にお待ちしております。 ※当日、各村内施設にてご案内もおこ

ありのままに・調和のとれた美しいキャンプ場への道をさぐる

私達のキャンプ場はNPOほうれんぼうの森が「森の癒し」「村の活性化」などいくつかのテーマの実現に夢を掛けて運営されています。 いくらかの達成感はあり、キャンプ場としては比較的好評を頂いて居ると思っています。 キャンプ場は

冬だけ時々オープン LP・JAZZ カフェのお誘い 2018/03/03(土)

2018年 LP・JAZZ カフェ開催予定 2018/01/27(土)【路面凍結のため中止決定】 2018/03/03(土) アナログを音源とするJAZZは、良いオーディオシステムで、しかも、大音量で聞かなくてはその魅力

オンライン予約はこちら

日本最大級のキャンプ場予約サイト「なっぷ」予約システム

オンライン予約フォームは、日本最大級のキャンプ場検索・予約サイト【なっぷ】の予約システムを利用しています。ご予約の注意点については次のPDFにてご確認いただけます。ご予約・ご利用ガイドPDFダウンロード

予約の照会・キャンセルは、次の『空き検索・オンライン予約』フォームボタンの「予約の確認・キャンセル」をクリックして進んでいただくか、予約時にご入力いただいたメールアドレスに届く予約完了メールに明記された「予約キャンセルURL」よりお願いいたします。

小菅村はこんな所です

小菅村は、埼玉県、山梨県、長野県、東京都にまたがる秩父多摩甲斐国立公園の西の端に位置する人口700人ほどの小さな村です。

大菩薩峠が近く、標高の高い部分は東京都の水源林となっており、豊かな森に覆われています。

小菅の人たちは大変真面目で人工林の手入れは比較的良く為されています。
そういう意味で美しい杉・桧の森を見る事も出来ます。

又あまりにも急峻な地形の為、植林に不向きで、図らずも落葉樹の部分が多く残りました。
そのため秋の紅葉には定評があります。
当然春の芽だしの素晴らしさは言葉に表せません。

多摩川源流域の森と水

ブナ・ミズナラ・栃などの巨樹の在る森が村をぐるりと取り囲んでいます。自然観察やハイキング、森林浴はいたる所で可能です。森のある所には水が湧きます。このキャンプ場は小菅川に沿っています。

水は夏でも冷たく、飲用しても心配ない位きれいです。上流には雨乞いの滝・やちぐらの滝・白糸の滝・雄滝・妙見五段の滝などがあり、豊かな水を堪能出来ます。

小菅村の歴史

古くは平家の落ち武者が祖と言われていますが、武田信玄が活躍していた戦国時代、ここは小菅氏が支配していました。
信玄の隠し金山の管理もしていたようです。武田の北条方への押えの拠点としても大切な要所だったようです。旧鎌倉街道や旧青梅街道(甲州街道の裏街道)が通っており、交通の要だったと言います。

その為でしょうか、早くから道は多く、塩山・大月・上野原・五日市・青梅へとほぼ同じくらいの距離と時間位置となっています。
昔は今のように川に沿って道は無く、迷う事の少ない稜線を歩いたと言う事です。そんな昔に思いを馳せながら探訪して歩いて見るのも一興でしょう。

SNS

関連リンク