<そのままの うつくしい くらしの ありよう>

   

      <そのままの うつくしい くらしの ありよう>

      <素のままの 美しい 暮らしの 在り様>

      <素  美  暮    so bi bo>

エコミュージアム(地域まるごと博物館という捉え方 発祥地フランス)という観点から

小菅村を<日本村>という冠で発信していこうという研究グループがあります。

村内の任意団体でミューゼス研究会といいます。

<そのままの うつくしい くらしの ありよう>とは、

このような活動を通して再発見する世界、

と勝手に共感しているのですが・・・。

同研究会でご指導くださっている

東京学芸大学 民族植物学研究室 木俣 美樹男先生の企画による連続講義、 

「多彩なアプローチによる環境学習 2011」のキャッチコピーが<so bi bo>であり、

小菅村でのご研究もその一部ともなっています。

皆様と共有できたらと思いご紹介させていただきました。

Post a comment

CAPTCHA


Print your tickets